我が人生に燃えて、そして萌える

ゲーム、アニメ、マンガのことなどを書いています。 燃えて萌えている人生です(´-`)

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

プロフィール

karyu

Author:karyu
アニメの感想、ゲームのプレイ日記等、その時に興味がある事を書いていってます。
燃えと萌えで生きている我が人生、悔いは無し!
詳しくはコチラ(06/8/24更新)
トラックバックやコメント、リンク、相互リンク大歓迎です!
頂いたトラックバック・コメントには必ず返信をさせていただきます。

A.C.E.2プレイ日記
GALAXY ANGEL IIキャラ別感想
もあります。
記事一覧

※現在感想書いてる番組
・コードギアス~反逆のルルーシュ~
・ひだまりスケッチ(後1話、書く時間が…)
・天元突破 グレンラガン
・魔法少女リリカルなのは StrikerS
・神曲奏界ポリフォニカ
・DARKER THAN BLACK -黒の契約者-
・ながされて藍蘭島
・らき☆すた

※徒然一言
TBを送信する時間が無かったりして…

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

相互リンク(50音順)

巡回ブログ(50音順) お友達(FF11系) お友達(イラスト系)

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文トラックバック数:-コメント数:-

[アニメ] 涼宮ハルヒの憂鬱 第3話 「涼宮ハルヒの憂鬱II」

2006/04/21(金) 18:33:45

日に日に暴走が酷くなるハルヒ(;゜ロ゜)
もうもはや止められる者はいない…
そんな第3話、感想いってみましょう~
涼宮ハルヒの憂鬱 第3話 「涼宮ハルヒの憂鬱II」

涼宮ハルヒの憂鬱II断じて無い
昼食時、がキョンに問う。
「おまえさ、涼宮と何やってんの?まさか付き合ってんじゃないだろうな?」
キョン「断じて違う!俺が一体全体何をやってるのか、俺自身が一番知りたい」
キョン、なんて不幸なんだ…

むにゅ激写
持って行ってくれ…決めポーズ
SOS団部室にパソコンが無い事に不満を持ったハルヒは、コンピュータ研に強奪貰いに行く。
どうやって貰いにいくかというと、みくるを使った色仕掛け(本人未承認)
コンピ研部長の手を掴み、無理やりみくるの胸に触らせてカメラ撮影(;゜ロ゜)
無実だ、と反論するとハルヒは言う。
「あんたのセクハラ写真はバッチリ撮らせてもらったわ。この写真をばらまかれたくなかったら、とっとと耳揃えてパソコン一式よこしなさい!」
「一体何人が、あんたの言葉に耳を貸すかしらねぇ」
「部員全員がこの子を集団で(ピー)したって言いふらしてやる~!」

もはや、犯罪レベルの恐喝では…
結果部長は折れ、SOS団は最新機種を手に入れた…

ウェブサイト立ち上げ読んで
SOS団のホームページ立ち上げを任されたキョン。
HP作成ソフトが入っていたから簡単に作れたようですが…
キョン、タッチタイピング早すぎ!w
karyuより早い気がします(;゜ロ゜)
そして、長門有希から本を貸してもらったキョン。
有希「これ、貸すから」
一方的に押し付けられたとも言いますが…w

大丈夫ですよ逃げるキョン
そして放課後部室、みくるは懲りもせずやってきていた。
だが、やはりショックではあったようで、
みくる「また、昨日みたいなことを…」
キョン「大丈夫です、今度は俺が全力で阻止しますよ」
そしてハルヒ登場、みくるにバニーガールの衣装を着せようとする。
キョンは数分前の自分の発言を反故し、一目散に部室外へ逃げ去った…w

すがる目情熱を、持て余す
みくるは無理やりバニーガールを着せられ、チラシ配りに連れ去られていった。
みくるは助けを求めるが、キョンは思う。
「ごめん、堪りません、それ。情熱を、持て余す。」
(・∀・)………………

お嫁にもらってくれますか?哀愁
当然バニーガールがチラシ配りなど認められるわけもなく、途中でやめさせられてしまう。
凹みに凹みまくったみくるは言う。
みくる「キョン君、私がお嫁に行けなくなったら貰ってくれますか?」
キョン「なんというべきか、朝比奈さん、その後姿は受験に失敗した浪人生か、はたまた一戸建てを無理して買ったサラリーマンのようですよ。っていうか、あなたも俺をその名で呼ぶんですか」

やはり、二人とも考え方が普通ではないですね(´∀`;)

栞長門邸
キョン有希
有希から貸してもらった本に、夜7時に公園にて待つ旨の栞が挟まっていた。
急いで行くと有希が待っていて、自身の部屋に案内される。
って、広ッ!!そして物少なッ!
流石、まったく無駄がない…
そして有希は話を切り出す。
有希「涼宮ハルヒと私は普通の人間じゃない。私はこの銀河を統括する情報統合思念体によって作られた対有機生命体コンタクト用ヒューマノイドインターフェースそれが私」
な、長台詞…
第3話にしてようやく原稿用紙一行分以上喋った長門有希さんでしたw
そして物凄い電波な台詞喋り終え、続く…

次回、第4話「涼宮ハルヒの退屈」
ハルヒ「次回、涼宮ハルヒの憂鬱第7話!」
えっ…?(・_・;)

※TB送らせていただいたblog様
Cross Channel
スポンサーサイト
[アニメ(終了)]涼宮ハルヒの憂鬱記事全文トラックバック数:-コメント数:0
<< [アニメ] .hack//Roots 第3話 「Join」ホーム全記事一覧[アニメ] ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編 其の参 「疑心」 >>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Copyright(C) 2006 我が人生に燃えて、そして萌える All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。