我が人生に燃えて、そして萌える

ゲーム、アニメ、マンガのことなどを書いています。 燃えて萌えている人生です(´-`)

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

プロフィール

karyu

Author:karyu
アニメの感想、ゲームのプレイ日記等、その時に興味がある事を書いていってます。
燃えと萌えで生きている我が人生、悔いは無し!
詳しくはコチラ(06/8/24更新)
トラックバックやコメント、リンク、相互リンク大歓迎です!
頂いたトラックバック・コメントには必ず返信をさせていただきます。

A.C.E.2プレイ日記
GALAXY ANGEL IIキャラ別感想
もあります。
記事一覧

※現在感想書いてる番組
・コードギアス~反逆のルルーシュ~
・ひだまりスケッチ(後1話、書く時間が…)
・天元突破 グレンラガン
・魔法少女リリカルなのは StrikerS
・神曲奏界ポリフォニカ
・DARKER THAN BLACK -黒の契約者-
・ながされて藍蘭島
・らき☆すた

※徒然一言
TBを送信する時間が無かったりして…

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

相互リンク(50音順)

巡回ブログ(50音順) お友達(FF11系) お友達(イラスト系)

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文トラックバック数:-コメント数:-

[アニメ] Kanon 第24話 「夢の果ての追復曲 ~kanon~」

2007/03/19(月) 03:20:53

Kanon最終話。
一人の少女が、夢の果てに見たものは───
Kanon 第24話 「夢の果ての追復曲 ~kanon~」

眠り姫秋子さん
名雪がねぼすけで、秋子さんは食事を用意している、いつもの風景。
秋子さんの回復が物凄い早いなw
まだ2月と祐一が言っていて、栞の誕生日も2月1日。
1ヶ月たらずで全快したのか…、あの事故で。

栞泣いても良い
同じく全快し、ようやく泣く事が出来た栞。
泣きたい時に泣かなければ笑えなくなるって某先生も言ってたしなぁ。

眼鏡+かちかち山突っ込み
続々と全快したキャラが登場、今度は舞と佐祐理さん。
「かちかち山」での突っ込みは痛そうだ…
見るからにハードカバーな本でサックリといったなw

後悔勘違い
病院寝たきり
秋子さんに7年前の事を全て話す祐一。
祐一「木から落ちた子の名前は月宮あゆ。あゆもう、この世には…」
秋子「えっ…、祐一さん、それは違うわ。誤解してる。木から落ちた女の子は亡くなった訳じゃなくて…」

秋子さんに言われるままに病院を訪れた祐一。
そこに待っていたのは寝たきり状態のあゆだった。
これ、何げに亡くなっていた事よりショックがでかいよなぁ。

卒業式晴れ着
卒業式、晴れ着を着た舞と佐祐理さん。
…待ってました!
二人とも晴れ着が似合いすぎ(´▽`)
佐祐理さんの全身が写ったシーンが無かったのが残念だ。

世話I世話II
寝たきり状態のあゆを世話する祐一らおなじみのメンバー。
オールスターであゆを世話する様子は良い感じ。
原作に無かった(と思う)シーンだけど、良く出来てる…

助言青空
訪問約束
栞や舞に助言されて、"約束"を果たしにいく祐一。
全てを思い出した今だから果たせる約束を───。

学校へ遺物
カチューシャ後悔
"学校"についた祐一はプレゼント袋を見つける。
それには、あゆにプレゼントしたはずのカチューシャが入っていた。
あゆが木から落下した時のショックで、偽りの記憶を作り出していたのだった。
話の筋は通るけど、7年間も同じ場所にあったというのはちょっと無理が…
いくら人が来ない場所とはいえ、7年は流石に無いと思う。

プレゼント差し出す手
17歳の祐一のコートを着た、10歳の祐一。
あまりもデカイコートが笑えるw
そこで初めてカチューシャを渡す事が出来た祐一。
うーん、ちょっと意味がわからない演出…(´д`;)

完治夢の果てI
夢の果てII夢の果てIII
時は流れ、寝たきり状態から完治したあゆ。
隣には、7年前に約束した人と共に。
あゆ「ねぇ、祐一君。ボク、また走れるようになるかな」
祐一「当たり前だろ。土の上だって、草の上だって、雪の上だって、また元気に走れるようになるさ」
あゆ「うん、そうだよね!」

どれくらい時間がかかるかわからないけど、時間はたくさんあるのだから───

※総括
京アニ版Kanon、終劇!
完全に東映版を憤死させる内容だったな、それぐらいに凄かった。
誰一人不幸にならず(名雪は人それぞれの考え方かも)、ハッピーエンドを迎えたのは良かった。
新配役の杉田智和氏の演技も素晴らしく、欠点らしい欠点は見当たらない作品だったかと。
そしてこのクオリティで期待されるのはCLANNAD。
京アニ、一生ついていきます(´▽`)

Karyu的評価は9.5/10点。
欲を言えば、真琴(狐)の復活があれば…!

※参照リンク(TB送信blog様)
観て書く
スポンサーサイト
[アニメ(終了)]Kanon記事全文トラックバック数:-コメント数:2
<< [アニメ] がくえんゆーとぴあ まなびストレート! 第11話 「わたしにもみえるよ」ホーム全記事一覧[アニメ] ひだまりスケッチ 第10話 「11月3日 ゆのさま」 >>

コメント

>真琴(狐)の復活があれば…!
真琴(小)かどうかは知らないけれど、通りがかりの狐さんはいたそうですよ。
URL|Anonymous #-|2007/03/19(月) 05:52 [ 編集 ]
>03/19(月) 05:52さん
狐さんは確かにラストでちょろっと出ましたね。(2秒ぐらい?)
だけど、出来れば真琴(小)の復活があってほしかった…
もしくは、真琴(大)の登場でも良かったのだけど。
メインヒロインで1人だけ、キャストに名前を連ねていませんし。
URL|karyu #Xf2tbMFA|2007/03/19(月) 06:47 [ 編集 ]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Copyright(C) 2006 我が人生に燃えて、そして萌える All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。