我が人生に燃えて、そして萌える

ゲーム、アニメ、マンガのことなどを書いています。 燃えて萌えている人生です(´-`)

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

プロフィール

Author:karyu
アニメの感想、ゲームのプレイ日記等、その時に興味がある事を書いていってます。
燃えと萌えで生きている我が人生、悔いは無し!
詳しくはコチラ(06/8/24更新)
トラックバックやコメント、リンク、相互リンク大歓迎です!
頂いたトラックバック・コメントには必ず返信をさせていただきます。

A.C.E.2プレイ日記
GALAXY ANGEL IIキャラ別感想
もあります。
記事一覧

※現在感想書いてる番組
・コードギアス~反逆のルルーシュ~
・ひだまりスケッチ(後1話、書く時間が…)
・天元突破 グレンラガン
・魔法少女リリカルなのは StrikerS
・神曲奏界ポリフォニカ
・DARKER THAN BLACK -黒の契約者-
・ながされて藍蘭島
・らき☆すた

※徒然一言
TBを送信する時間が無かったりして…

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

相互リンク(50音順)

巡回ブログ(50音順) お友達(FF11系) お友達(イラスト系)

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文トラックバック数:-コメント数:-

[アニメ] Kanon 第9話 「子狐の子守歌 ~berceuse~」

2006/12/03(日) 03:54:40

Kanon第9話。
奇跡の終わりはゆっくりと、だが着実に近づいてくる…
Kanon 第9話 「子狐の子守歌 ~berceuse~」

朝I朝II
真琴と一緒に朝の町を歩く祐一。
今更画質の綺麗さを突っ込んでも…、という気はしたけど、このシーンの川の流れは神だと思った。
溶けきっていない雪が水と一緒に流れているというだけで寒さを実感できる。

制服無視
美汐に話を聞きに行こうとする祐一だったが、全く相手にせずに無視を決め込む美汐。
この学校って男子はまともなブレザーなのに、女子が変わった制服だな…w

7年前I7年前II
7年前の記憶を再確認する祐一。
ここで捨てられた事により「会いたいという気持ち」「捨てられた事による憎しみ」が無意識に真琴(人間)に植えつけられたのか。

街プリント機
街中でプリント機で写真を撮っている女の子達を見る真琴。
祐一「仲間に入りたいなら、声をかけてみたらどうだ?」
どうだ?って言うけど、プリント機を撮っている所に見知らぬ女の子が入れて~!って言ってきたらヒクなぁw
更に関係ないけど、女の子達の足を見ると凄い寒そう…
雪国…、だよね?

グー握りはみがき
スプーンの持ち方がグー握りだったり、歯磨きが自分で出来なくなる真琴。
人間としての機能がどんどん失われていくという表現が、ゲーム版でただテキストとして読むだけよりも、断然実感が沸く…
そろそろ泣く用意は出来てきました!

一緒にI一緒にII
真琴「祐一、ピロがまた一緒に寝たいって。良いよね?」
祐一「ほんとはお前が俺と一緒に寝たいんじゃないのか?」

真琴のデレがカワイイなぁ(´∀`)
ピロをダシに使うあたりが本当に"らしい"。

思い出すな!人間の女の子だろ…?
一人ものみの丘に行く祐一と、それに着いて行く真琴。
そこで真琴は7年前、自信が狐だった事を思い出しかける。
真琴「ねぇ、真琴は…、昔…」
祐一「思い出すな!」
一時の奇跡を大事にする事を選択した祐一。
祐一「思い出さなくて良いんだ。お前は沢渡真琴って言う人間の女の子だ…」

帰宅高熱
翌日、保育所に行ったきり戻らない真琴。
祐一や秋子さん達は血眼になって探すが見つからない。
その深夜、高熱で戻ってくる真琴。
一つの奇跡の終わりが近づいていた…

美汐I美汐II
祐一を電話で呼び出し、自身の奇跡の体験を話す美汐。
そんなに奇跡って大量にある事なのか…
ってそういえばKanon自体が奇跡だった(´∀`)

一緒の時間街
朗読眠り
真琴とずっと一緒に居る事を選ぶ祐一。
そこで最後に真琴は言う。
真琴「真琴…、結婚したい…」
祐一「大きくなったらな」
真琴「祐一と、結婚したい…。そうしたら、ずっと、ずっと一緒にいられる…」

"おぉ!アナタひどい人!私に泣けと言いますか?"というセリフが出てしまうぐらい、原作プレイ済みとしては"くる"シーン。
祐一と真琴の一緒の時間が暖かく描かれている。
良いと思ったのが祐一のコミック朗読シーン。
前回は見るからに嫌々そうにギャグっぽく読んでいたけど、今回は真剣そのもの、真琴の為を想って、というのが伝わった。
杉田さんのシリアス声は重みがあって、ストーリーを盛り立てるのに一役買っている事を再認識。

※総括
次回で真琴編完結。
気になるのが次回で真琴編が終わるとして、それからの祐一の態度。
真琴の事は忘れたかのように他の女性に手を出す事だけはやめて欲しいが…
京アニなら…、京アニならきっと何とかしてくれる…!

次回、第10話 「丘の上の鎮魂歌 ~requiem~」
プリント機…、家族…

※参照リンク(TB送信blog様)
アニメのストーリーと感想
アニヲタキング
Old Dancer's BLOG
「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋
腐れヲタ日記
Cross Channel
サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改
ざとぺったん☆ぶろぐ
SERA@らくblog
空色なおれの日々
どこまでも高みへ
てけと~な日記
電撃JAP
二次元空間
万聞は一見に足るやも
まるとんとんの部屋
Moon of Samurai
もえろぐ
ゆかねカムパニー2
恋華(れんか)
スポンサーサイト
[アニメ(終了)]Kanon記事全文トラックバック数:-コメント数:0
<< [アニメ] おとぎ銃士赤ずきん 第22話 「花嫁はラプンツェル」 ホーム全記事一覧[アニメ] 実写版ハレ晴レユカイの高クオリティ >>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Copyright(C) 2006 我が人生に燃えて、そして萌える All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。