我が人生に燃えて、そして萌える

ゲーム、アニメ、マンガのことなどを書いています。 燃えて萌えている人生です(´-`)

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

プロフィール

karyu

Author:karyu
アニメの感想、ゲームのプレイ日記等、その時に興味がある事を書いていってます。
燃えと萌えで生きている我が人生、悔いは無し!
詳しくはコチラ(06/8/24更新)
トラックバックやコメント、リンク、相互リンク大歓迎です!
頂いたトラックバック・コメントには必ず返信をさせていただきます。

A.C.E.2プレイ日記
GALAXY ANGEL IIキャラ別感想
もあります。
記事一覧

※現在感想書いてる番組
・コードギアス~反逆のルルーシュ~
・ひだまりスケッチ(後1話、書く時間が…)
・天元突破 グレンラガン
・魔法少女リリカルなのは StrikerS
・神曲奏界ポリフォニカ
・DARKER THAN BLACK -黒の契約者-
・ながされて藍蘭島
・らき☆すた

※徒然一言
TBを送信する時間が無かったりして…

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

相互リンク(50音順)

巡回ブログ(50音順) お友達(FF11系) お友達(イラスト系)

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文トラックバック数:-コメント数:-

[特撮] 轟轟戦隊ボウケンジャー THE MOVIE 最強のプレシャス&舞台挨拶

2006/08/05(土) 17:26:28

「轟轟戦隊ボウケンジャー THE MOVIE 最強のプレシャス」を見てきました。
感動しました、この映画の出来には(ノд`)
では、ミッションスタート!
今日は公開初日ということもあって、舞台挨拶がありました(´∀`)
ある程度待っていると、SGSのジャケットを着たボウケンジャーの役者さんが登場!
アクセルスーツ姿じゃなくて通常行動時のジャケット姿という所が感動!
遊園地のショーなんかだとアクセルスーツで登場するだけだし、何より中の人が別人だからなぁ…
では、感想を。(書きやすいので役名で書きます)

順々に舞台挨拶していくと、菜月の番に。
菜月「みなさんこんにちは!ボウケンイエロー役の中村知世です!あー、うー、えっと、楽しい映画になったと思うので、みなさん楽しんでください!おわり!」
ボウケンイエロー&菜月の天然は、中の人も同じだったかw

ボウケンジャーへの質問コーナーでは、映士に、
司会者「ジャケットは暑くないですか?」
映士「暑くは無いんですけど…、暑いといったら…(マイクを暁に向ける)」
暁「熱き冒険者!ボウケンレッド!」
会場に拍手の嵐!まさか本物の決めポーズが見られるとは!
サクラ「でも、スポットライトがまぶしくないですか?」
暁「まぶしいねぇ(マイクを映士に向ける)」
映士「眩き冒険者!ボウケンシルバー!」
なんて"イイ"展開なんだ(´∀`)
二人ともノリノリで見てるほうも凄く楽しかったw
二人の決めポーズを見れただけでも最高だったけど、他の4人も見てみたったなぁ。

終始ファンに笑顔で接した6人のボウケンジャーは素晴らしい人達でした。
ああ、明石暁役の高橋光臣さんはカッコよかった!

では、続いて映画本編の感想。
超絶ネタバレなので白文字で書きます。見たい方は反転をお願いします。
興奮冷めやまずの状態なので文が変でもご容赦をm(__)m
ココカラ→→→
OPの演出が神クラス。
DVDを買おうと思ったほどに。
ストーリーは、
東京に突如出現した山に、ミューズという女性に呼ばれるボウケンジャー達。
ミューズは辿り着いた者に宝を渡すという。
ボウケンジャー達はプレシャスの確保という目的で向かうがそこで暁の父親・稀代の冒険者 明石虹一と出会う。
暁は考え方が違う虹一を嫌っている様子。
次々と倒れ行く仲間達を助けるため、一人残った暁はミューズの元へ向かう。
ミューズは優秀な遺伝子を吸収し、星から星へ旅をしながら成長する生命体だった。
だが、当然暁は吸収される事を拒否(当たり前か)
変身したミューズを虹一と協力して倒し、お決まりの巨大化したミューズもダイボウケンで倒すのだった。

おおまかな流れはこんな感じです。
これだけ書くと凄い簡単なストーリーです(時間にして33分)
ですが、それを全く感じさせないほどの濃密なストーリー構成は流石!
食い入るように見てました(´∀`;)
そして映画の今回も名ゼリフは有り!
モンスターにやられて暁と虹一だけになってしまった時、暁は悲しみもせずにミューズに元へ向かおうとする時、
虹一「仲間がやられたってのに顔色一つ変えないのか。仲間より宝が大事か!」
それに答えない暁。
そしてミューズに「強力な遺伝子を持っている暁こそがプレシャスだ」と言われると、
暁「俺のプレシャスは仲間だ!!」
暁の何より大事な宝物、それはボウケンジャーの仲間達。
ウッ……イイ話だ……(ノд`)

ミューズ撃破後、暁が冒頭に落としてしまった懐中時計を虹一が拾う。
虹一「あいつめ、まだこんなものを持ってやがったのか」
そういいつつも手首に装着する虹一。
喧嘩するほど仲が良いとはまさにこの親子の事!
懐中時計は元々虹一の物だったけど、暁が今まで大事に持っていたようだし、心の中では虹一を認めているんだな。

後は新しいダイボウケンの合体、6~10号機のみで構成された「轟轟合体・フォーメーション2」が初披露。
ダイボウケンMk-2(仮称)をレッド一人で動かしてたのは凄かったな~。
来月ぐらいに本編に出るかな?

にしても、ミューズのハザードレベルを計ったとき、
サクラ「ハザードレベル、無限大です!!」
無限大って(´∀`;)
ここで無限大に勝ってしまったら、本編で負けると不自然になるぞ((((゜д゜;))))
せめて10,000ぐらいにしておいたほうが良かったのでは…
←←←ココマデ

思い出しながらなのでグダグダかも知れませんが感想でした。
同時上映の仮面ライダーカブト God Speed Loveはお世辞にも良い出来では無かったのが残念。
ボウケンジャー映写中はたくさん居た子供達も真剣に見てた様で殆ど話し声も無かったけど、カブト映写中は飽きてきた子供も居たようで、話し声が目立っていた…(´・ω・)
ボウケンジャーより明らかに雰囲気が暗くて、テンポが悪かったからなぁ…

ということで、TV版ボウケンジャーを見ている方には文句無しでお勧めのこの映画、33分のためにお金を払う価値はありです!
スポンサーサイト
[特撮]轟轟戦隊ボウケンジャー記事全文トラックバック数:-コメント数:0
<< [アニメ] おとぎ銃士赤ずきん 第6話 「ごめんね、りんご」ホーム全記事一覧[ラジオ] うたわれるものらじお 第5回 >>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Copyright(C) 2006 我が人生に燃えて、そして萌える All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。