我が人生に燃えて、そして萌える

ゲーム、アニメ、マンガのことなどを書いています。 燃えて萌えている人生です(´-`)

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

プロフィール

karyu

Author:karyu
アニメの感想、ゲームのプレイ日記等、その時に興味がある事を書いていってます。
燃えと萌えで生きている我が人生、悔いは無し!
詳しくはコチラ(06/8/24更新)
トラックバックやコメント、リンク、相互リンク大歓迎です!
頂いたトラックバック・コメントには必ず返信をさせていただきます。

A.C.E.2プレイ日記
GALAXY ANGEL IIキャラ別感想
もあります。
記事一覧

※現在感想書いてる番組
・コードギアス~反逆のルルーシュ~
・ひだまりスケッチ(後1話、書く時間が…)
・天元突破 グレンラガン
・魔法少女リリカルなのは StrikerS
・神曲奏界ポリフォニカ
・DARKER THAN BLACK -黒の契約者-
・ながされて藍蘭島
・らき☆すた

※徒然一言
TBを送信する時間が無かったりして…

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

相互リンク(50音順)

巡回ブログ(50音順) お友達(FF11系) お友達(イラスト系)

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文トラックバック数:-コメント数:-

[アニメ] うたわれるもの 第12話 「動揺」

2006/06/21(水) 01:28:40

うたわれるもの第12話。
ハクオロの過去がまざってきて、結構暗くなってきました(´・ω・`)
ネガティブオーラ全開のハクオロを救えるのは…?
では、本編へ。
うたわれるもの 第12話 「動揺」

殺害現場?仮面の男
ある所にて、仮面の男が誰かを殺害し、兵士に追われている。
その男は兵士に刺されるが、平然な顔をして反撃し、高らかに笑い飛ばすのだった…
これ、どうみてもハクオロの仮面なんだけど…
別人であってほしいなぁ。

トウカハクオロ側近
前回より続き、クッチャケッチャ軍に襲われているトゥスクル軍。
トウカの猛攻に大剣で反撃するカルラはカッコイイ!
カルラが大剣を振り回しただけで風圧で吹っ飛んでいったトウカには笑ったw
攻撃するだけ攻撃して撤退していったクッチャケッチャ軍。その狙いはトゥスクル軍の戦力を削ぐ事だった。
ハクオロは悔やむ。
ハクオロ「感情で動いた報いか…」

国に戻ったハクオロは眠りに付く。
エルルゥ「流石に疲れていたみたいで…」
カルラ「無理もありませんわね…」
エルルゥ「テオロさんとは、仲良し、でしたから…」

不覚にも涙が(ノд`)

一騎打ち余裕
独自に調査に出かけていたオボロ・ドリィ・グラァ。
トウカの後をつけていたが、アッサリとばれてしまう(´∀`;)
そこで一騎打ちを申し込むオボロ。
オボロ、一騎打ち好きだな…(・_・;)
二刀流で攻めるものの、一刀流のトウカに余裕でかわされてしまうオボロw
オボロ、この頃こんなのばっかりだなぁ。
頼む、オボロに戦闘面で活躍させてやってくれ…m(_ _)m

ここ!お叱り
クッチャケッチャ軍が突如谷間で消失する事を不思議がるハクオロ達。
そこへアルルゥがいきなり「ここ!」と地図を指差す。
それは谷と谷の間に橋があるという事だった。
しかし、勝手に城を出てカミュと共にオそこまで行って来た事を、エルルゥとウルトリィは叱るw
シリアス色が強いところにコメディはほっとする(´∀`)
………ムックルが一番カワイイのは気のせいでしょうか(´・ω・)

おはなきっとみんなも喜ぶ
アルルゥはヤマユラまで行き、逝ったみんなの花を取りに行っていた。
それをハクオロに手渡す。
アルルゥ「おはな」
ハクオロ「…そうか、きっとみんなも喜ぶ」
アルルゥ「うん」
ハクオロ「ありがとう。…ありがとう」

そう言ってアルルゥを抱きしめるのだった。
きっと前回の怖い顔をしているハクオロのためを思って花を取りに行ったのか…、いい子だ…。
ハクオロの優しい表情も久しぶりに見れた。

橋上の戦い落下
クッチャケッチャ軍の橋は、霧深い谷に隠されていた。
そこへ進軍するハクオロ軍に、待ち受けるはトウカ率いるクッチャケッチャ軍。
ハクオロはトウカに、ラクシャインは誰だ?と聞く。
が、トウカはオルカカンと同じ言葉を言うだけだった。
そこへカルラがトウカと一騎打ちを始める。
橋の上での戦いに移った時、カルラは橋の縄を大剣で叩き斬り、トウカを谷底へ落とすのだった。
どうやらエヴェンクルガ族のトウカはこの程度で死なないらしいが…
ちょっとやりすぎ(・_・;)

帰還中、ハクオロは呟く。
ハクオロ「ラクシャインとは…?私は、誰だ…?」

ずっと側にいますだから、だから…
城に戻ったハクオロは、酒を大量に飲んでいた。
制止するエルルゥの言う事も聞かず、更に酒を頼むハクオロ。
そしてエルルゥに話しかける。

ハクオロ「私は、自分の妻と子供を殺した男なのだそうだ」
エルルゥ「そんなの、あの人たちが勝手に言ってるだけで、嘘に決まってます」
ハクオロ「本当だとしたら、どうする?」
エルルゥ「そんなこと…」
ハクオロ「ありえない?ありえない事ではない。自分が何をしてきたのか、記憶が無いんだ。何をしていたとしても不思議ではない。記憶が無いというのは、こんなに不安なものなのだな…」

完全に自己嫌悪に陥っているハクオロにエルルゥは話し出す。
エルルゥ「今まで一緒にいた私にはわかります。ハクオロさんはそんなことする人じゃないって。何があっても、私はずっと側にいます。だから、だから…」

長くなっちゃった…、名ゼリフ・名シーンすぎる!
ハクオロの事を想うエルルゥがよく表現できてるなぁ。
ハクオロの気持ちもよくわかる。自分が原因でヤマユラが襲われたって事もあるしなぁ…。

※総括
9割がたシリアスでした。
クッチャケッチャの事が片付くまで、ずっとハクオロはこんな調子なのでしょうか…(´・ω・)

次回、第13話 「血塗られた戦い」
ハクオロに追い討ちをかけるかのように更に戦い。
運命とは残酷なものですね…

※参照リンク(TB送信blog様)
孤狼Nachtwanderung
刹那的虹色世界
まるとんとんの部屋
マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
螺旋階段
スポンサーサイト
[アニメ(終了)]うたわれるもの記事全文トラックバック数:-コメント数:0
<< [アニメ] ひぐらしのなく頃に 祟殺し編 其の四 「失くしモノ」ホーム全記事一覧[CD] 涼宮ハルヒの詰合 ~TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」劇中歌集シングル~ >>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Copyright(C) 2006 我が人生に燃えて、そして萌える All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。